top of page

【人生の転機】50歳からの人生を輝かせる3つの鍵:50歳から花開く人 50歳で止まる人

幸動力コーチ杉本です。



50歳で花開く人と50歳で止まる人、この違いは何でしょうか?


そして、あなたはどちらの道を歩みたいですか?


50歳になるということは、人生の重要な節目に差し掛かっていることを意味します。


多くのひとが、自分はこれからどう生きていくべきか、何を成し遂げたいのか、明確な答えが見つからず、不安や迷いを抱えていることでしょう。


このような時期に、自分自身と向き合い、人生の後半戦をどのように過ごしていくかを考えることは非常に大切です。


実は、人生の後半戦50歳からが人生で最も楽しく、満足感を得られる時期になる可能性があります。


しかし、その輝かしい時期を手に入れるためには、ある3つの条件を満たす必要があります。それは、個人の内面の成長、社会への貢献、そして自分の強みの発見と活用の仕方に関連しています。



私はコーチとして、クライアントがこのような悩みや願望に対して、それを乗り越えてきた多くの事例を見てきました。


解決策はいろいろ存在し、その一つが自分自身の強みを理解し、それを生かすことにあります。


そして自分のやりたいことを明確にし、それに向かって一歩ずつ進む勇気を持つことが、人生を花開かせる鍵となります。


今回は、50歳を迎えた人も迎えていない人も、これからの人生を豊かにするための具体的なアプローチを紹介します。



1. 自分のやりたいことをやっている


50歳を迎えたとき、多くの人は既に豊富な経験と知識を蓄積しています。


これまでの人生で得たスキルを活かし、自分の情熱を追求することが、これからの人生をより充実させる鍵です。


そして、50歳を迎えたとき、自分の本当にやりたいことに時間を費やしている人は、人生をより楽しみ、充実させることができます。


具体例として、趣味を仕事に変えた人や、長年の夢を実現させた人の話が挙げられます。


芸能人の草彅剛さんは、アイドルグループSMAPのメンバーとして活躍した後、俳優やタレントとして個人のキャリアを築いています。


50歳を迎えるにあたり、彼は自身の芸術に対する情熱を追求し続け、舞台演劇や映画など、さまざまな分野でその才能を発揮しています。


草彅さんのキャリアは、年齢に関係なく、新たな挑戦を恐れず、情熱を持って取り組むことの大切さを教えてくれます。


私たちは自分の情熱を追求することで、新たな強みを発見し、それを生かしていくことができます。



2. 得意なことを生かしている


自分の得意なこと、強みを正確に理解して、それを活かすことが、50歳からの人生を輝かせる重要な要素です。


例えば、松岡修造さんは、プロテニスプレーヤーとしてのキャリアを終えた後、スポーツキャスターやモチベーショナルスピーカーとして活躍しています。


彼は、スポーツの世界で培った経験と情熱を生かし、人々を鼓舞するメッセージを発信し続けています。


松岡さんのように、自分の過去の経験や強みを見つめ直し、それを新たな形で社会に還元することが、人生の後半戦を充実させる秘訣です。


その他にも、長年培ってきたスキルを活用して起業した人や、専門知識を生かしてコンサルタントとして活躍している人などがいます。


これらの人々は、自分の強みを理解し、それを最大限に生かすことで、社会からの需要を掴み、成功を収めています。


しかし、自分の強みを見つけるのは簡単なことではありません。他人からのフィードバックを積極的に求めることで、自己認識を深め、隠れた才能を発見することが可能になります。

例えば、過去に同僚や友人から褒められたこと、自分でも気づかない自分の特技などをリストアップし、それらを活かす方法を考えてみましょう。


3. 社会から求められ、貢献している


社会から求められ、自分ができる貢献をしていることも、50歳から花開くための重要な条件です。


自分が持つ知識や経験を通じて、他人や社会に貢献することで、自己の価値を実感して、充実感を得ることができます。


2023年に亡くなった坂本龍一さんは、音楽家として世界的に名を馳せた後、環境保護活動にも力を入れていました。


彼は、50歳を過ぎた後もクリエイティブな活動を続けながら、社会問題に積極的に取り組み、自分の才能を社会貢献に活かしていました。


坂本さんのように、自分の得意な分野を通じて社会に貢献することは、自己実現のひとつの形と言えるでしょう。

他にも、あなたが持っている自分の専門知識を活かして地域社会でセミナーを開催したり、若い世代のメンターとして知識を共有する活動などです。


これらの活動を通じて、人々は自分自身の存在意義を再確認することができ、それが自分自身の成長にも繋がり、人生の後半戦をより価値あるものにすることができます。


50歳という節目を迎えるにあたって、人生を輝かせるためには、自分自身の内面に目を向け、情熱を追求し自分のやりたいことを見つけ得意なことを生かし、社会から求められる存在であることが、充実した人生を送るための鍵です。


今回紹介した3つのポイントを心がけることで、50歳からの人生がより輝かしいものになることでしょう。


年齢に関わらず、常に前進し続ける姿勢が大切です。


コーチングを通じて、自分自身の強みや可能性を再発見し、自分の経験と知識を生かしながら、新しい挑戦を恐れずに取り組むことが、人生の後半戦を最高のものにしましょう。


最後まで読んでいただきありがとうございます。


Comments


bottom of page