top of page

【里山SDGs】放置竹林整備 in まっきゃま(2024.4.21)

更新日:5月12日


里山SDGs 金沢市牧山町 まっきゃま/なおえだん


4月21日(日曜日)に 「レインボーフォレスト金沢」主催で、金沢市牧山町 にて「春の放置竹林整備のワークショップ」が開催されました。


薮化した竹林は、何もなく、ただ邪魔なものを言うように扱われる昨今ですが、これまでの竹林と言うのはいろんな川生態系がある中のその一つとして、独自の生態系を作り出してきました。


近年の竹林の増侵食は、竹の生活使用がプラスチックに置き換わったことが大きいと考えられています。

しかし、山の崩れやすいところが増えて、 そういう場所を得意とする長が、音を張り地を固め言うことで、逆に崩れ防止の役割を果たしてきたと言うことも考えられます。こういった竹林の生体機能を学び、学びながら、森の再生につながる竹林整備を今回行いました。


私たちの家の周りについても、どれくらいの竹林がどのような形であると良いのか?自分自身で考え整備できるようになるワークショップでした。


株式会社できるはこれからも持続可能な里山の活用、里山SDGsを応援していきます。




#まっきゃま #なおえだん #竹林整備 #里山 #持続可能





Commentaires


bottom of page