top of page

SDGs、ESG を進めるうえで人的資本経営はなぜ必要なのか、それとも必要ないのか?




SDGs(持続可能な開発目標)経営やESG(環境、社会、ガバナンス)経営を企業で推進する上で、以下の点で人的資本経営への取り組みが重要と考えられます。


  1. 持続可能性の組織文化を培う:持続可能性(サステナビリティ)を組織の中核価値として位置づけるためには、従業員一人ひとりがその重要性を理解し、行動することが必要です。人的資本経営は、従業員の能力やモチベーションを高めるための手段として重要です。

  2. 企業の目標と従業員の目標を一致させる:SDGsやESGの目標を実現するためには、従業員の日常の業務やキャリア目標がこれらの目標と一致していることが重要です。人的資本経営を通じて、従業員の成長と組織の目標を一致させることが可能です。

  3. 高い人材の獲得と保持:企業の持続可能性の取り組みは、高い人材を引き付けるための重要な要因となり得ます。人的資本経営は、従業員のキャリアの成長と満足度を保証することで、優れた人材を獲得し、長期間雇用を確保するための手段として機能します。

  4. 変革を牽引するリーダーシップの育成:持続可能な変革を達成するためには、リーダーシップの役割が重要です。人的資本経営を通じて、次世代のリーダーシップを育成し、組織全体の変革を推進することが可能になります。

  5. 組織の適応能力の向上:SDGsやESGの取り組みには、新しい技術や戦略の導入、異なるステークホルダーとの連携など、多くの変更が伴います。人的資本経営を通じて、従業員の学習や成長を促進することで、組織の適応能力を高めることができます。



SDGsやESGの取り組みを成功させるためには、人的資本経営が極めて重要であり、その実施なしにこれらの取り組みを効果的に進めることは難しいと考えられます。



- - D - - E - - K - - I - - R - - U - -


株式会社できるでは、「SDGs導入」「SDGs推進宣言作成」「組織の関係性向上」などの支援や研修やワークショップを提供しています。詳しくはお問い合わせください。


- - D - - E - - K - - I - - R - - U - -


[幸動力・わくわく生きる]

 わくわく生きる・幸動力コーチ

 ★働き方改革⇒働きがい改革へ

 中小企業のためのSDGsビジネス推進支援

 社員のエンゲージメントがあがる関係性向上研修

 組織が活性化するレゴ®シリアスプレイ®研修

 経営者専門メンターコーチング

Kommentare


bottom of page