持続可能な里山づくり:イノシシ対策の柵の設置のお手伝いをしました

SDGs目標:

目標11 住み続けられるまちづくりを

目標15 陸の豊かさも守ろう

目標17 パートナーシップで目標を達成しよう

 




SDGsビジネスマスター 幸働力コーチの

すぎちゃんです。



今日は、金沢市牧山町で


朝から牧山町の集落と山との間に


集落に猪が入らないように


金属製のメッシュの柵の設置作業に参加をしてきました。




場所は旧牧山小学校が使っていたスキー場あとちです。



柵の設置距離は約250メーター。



勾配がなかなかきつい傾斜です。







金属製のメッシュは2メーターあり、


鉄筋を打ち込み


針金でつなぎます。




重い金属メッシュと鉄筋を運び


約120枚以上を並べてつなぎ直していきます。




集落の住民みんなで力をあわせます。



平均年齢 推定65歳以上(笑)



みなさん、笑顔で井戸端会議のように


話しながら作業がすすんでいきます。




集落のひとたちの結束力の強さを感じます。




6月は毎週のように

集落の維持のための作業があります。



10年後はどうなるのか?



みんなと一緒に考えていきたいと思います。

 

 

O Sole Mio !


いつも心に太陽を




最後まで読んでいただき


ありがとうございました。







すぎちゃんは


自分らしい幸せな生き方を応援する幸動力コーチです。


昨年4月から金沢市の限界集落に家族4人で移住しました。


エシカルでサステナブルな里山生活を発信しています。


企業へのSDGsの導入支援をしています😃



https://linktr.ee/dekiru_sugichan




0回の閲覧0件のコメント