SDGs コラボイベント ✗放課後デイサービスあんじゅ

更新日:11月16日

2021年11月14日(日)

テーマ:里山の五感をあじわう課外授業


小学生を中心に、放課後デイサービス「あんじゅ」の子どもたちが、秋の里山を訪れてくれました。


柿をとったり、なめこの菌床に触れたり、里山を散歩したり、やぎと戯れたり。

スーパー以外でパック詰めされたなめこの姿と違う、木にくっついてるなめこ。リードをひっぱっても思うように動いてくれない、もどかしいヤギたち。

普段柿は食べない子が、自分で柿の木から取った柿は、とても美味しかったようでもりもりと食べていたり。 最近では、他所のお家になっている柿は取っちゃだめよー、って教わっているから、柿を取るよ、といっても最初はいいの?な感じが印象的でした。


子どもたちは、歓声を上げながらめいいっぱい楽しんでいました。

参加いただいたスタッフの方も、秋の里山風景に癒やされたよう。


子どもたちが、自然と触れ合い、里山で遊ぶ風景を、わたしたちもつないでいきたい。

ひとりでも里山の魅力を感じていただくことが喜び。

お互いの夢がかなった時間でもありました。


今後も定期的に活動を行っていく予定です。

あなたにはどんな里山がみえていますか?

よかったら一緒になにか作り上げていきましょう。







放課後デイサービスあんじゅ/株式会社ひまわり

子どもたちの発達支援教育の支援として、株式会社ひまわり(代表取締役社長)三浦さんは、放課後デイサービスを行っています。

子どもたちの発育の凹凸を個性ととらえ、心に寄り添いながら、保護者の方々と、個性の能力を引き出す、様々な愉しいプログラムを実施し、活動されています。




46回の閲覧0件のコメント