レゴブロックで問題解決
組織を活性化をする研修

『つくるxきづく』『つながるx行動する』

Google,NASAが採用、成果をあげた「創る」と「対話」と「共感」で組織を活性化する

レゴ®シリアスプレイ®メソッドと教材を活用したワークショップ

 

組織のよくあるお悩み

  • チームメンバーのモチベーションが上がらない

  • 不確かな経営環境のなかでどこに向かっていけばよいのかわからない

  • チームメンバーが向いている方向やゴールがバラバラで、チームの一体感がない

  • チーム内にマンネリ感・閉塞感があり、新しいアイディアや発想が生まれにくい

  • 仕事が楽しくない、ワクワクしないと、多くのメンバーが感じている

  • チーム内の会話が少ない。話づらい雰囲気。何を考えているかわからない

  • 少数のメンバーが会議の場を支配していて、他のメンバーが発言できない

  • 様々な問題が複雑にからみ合って、何からすればいいのかわからない

  • チームメンバーのモチベーションが上がらない

  • 離職率が高い

  • 社内改革を進めたいけど「組織の壁」を感じている

  • 部下とのコミュニケーションギャップなど「世代の壁」を感じている

  • 職場にもっと活気がほしい

  • 言われたことしかしたくない部下が多い

  • 内定者の内定辞退を回避したい

 

部下の本当の声を聴けていますか?

どうせ何も変わらない!
「あきらめの職場」になっていませんか?

今、日本の職場の5割は明らかに問題を抱えています。
7割の職場が活力がないものになっています。

目の前の仕事に追われ、やらなければならないことは山積み。自分は本当にいい仕事をしているのか?誰かに喜んでもらえる仕事をしているのか、よくわらなくなっている。
周りをみれば、職場のみんなも忙しいそうだけど、何を考えているのかわからない。
仕事さえこなしていれば、なんの問題もないと思うけど、会社に夢と希望は持てない、どこか割り切れない。
本当はあきらめていないけど、あきらめた気持が心を閉ざして、本音をいわない「あきらめの職場」が社内、組織にひろがっていませんか?

 
2016-05-05 14.19.13.jpg

見えない思いを見える化する

レゴ®シリアスプレイ®メソッドは
「本当の思い(本音)」に近づく技術

人間のいろんな個性・価値観を受け入れて、感性と論理を育てコミットメントできるソリューションです

 

レゴ®シリアスプレイ®メソッドと教材を活用したワークショップとは

『つくるxきづく』『つながるx行動する』

Google,NASAが採用、成果をあげた「創る」と「対話」と「共感」で組織を活性化する

2001年にデンマークの本社を構えるレゴ社が、自社の経営戦略を道筋を決めるために生まれました。

レゴ®ブロックを活用して、会社、組織、チームビジネスのおける革新性とビジネスパフォーマンスを向上させるために設計された、革新的かつユニークな問題解決方法、コニュニケーション手法です。


レゴブロックを用いて、個人の価値観やビジョンなど、頭のなかの「モヤモヤ」を可視化することで、普段は意識ししていない潜在意識下の自分の考えを、言語化できるレベルまで引き上げることができます。

頭だけで考えるのは比較にならない、圧倒的な明瞭さと腑に落ち感を手に入れることができます。

 
会社、組織、チームの戦略開発、合併やM&Aなどの厳しい組織変更や組織更新のプロセス、チームビルディング、人材開発など、幅広い組織の課題に活用されています。

 

レゴ®シリアスプレイ®メソッドを活用した
ワークショップで実現できること

個人の掘り下げ
キャリア開発

個人の内面を深く掘り下げ、言葉だけでは表現できない自分の本当の考えを表現することができます。また個人の発想とインスピレーションを刺激して、創造性を高めます。

信頼関係の構築

お互いの価値観や思考の根っこをビジュアル化をして言葉にすることで、相互理解と共有意識が生まれ、信頼関係ができあがります。

チームビルディング

チームの現在の状況や目指すゴール・目標などについて、チームのメンバーが深いレベルで認識を共有しあえるようにすることにより、強いチームをつくります。

ビジョンと戦略づくり

不確実で先の見えない環境において、チームとしてのビジジョンを統合し、チームが進むべき方向性についてシンプルな指針となるような戦略づくりをします。チームメンバーが心から行動できるようになります。

 

研修プログラム

新卒採用

内定者辞退抑制
内定者受託率向上
早期退職抑止

プロジェクトの詳細です。あなたの事業の簡単な概要を入力し、訪問者に仕事内容や背景を伝えましょう。その上で、画像や動画を使ってプロジェクトを紹介しましょう。

キャリア開発

若手社員のモチベーション向上
キャリアビジョン構築
早期退職防止

​​コロナ時代の激動の時代において必要な事は何のために私は働いているのか何のために生きるのか

リーダー育成

リーダーとしてのマインドチェンジ

自己課題の明確化

キャリアビジョンの明確化
会社組織の一員として視野と思考を拡げる

「自分自身でも気づいていない本当の自分を見つけよう」をテーマに、自分は何を大事にしているのか、これから何を大切に生きていきたいのかなど、なかなか言葉にしにくい自分の奥にある価値観など、目には見えないものを「見える化」し、一人ひとりが新しい気付きを得ることを目指します。
●「Who I am」:アイデンティティ、私は誰であるか?
●「What I know」:知識、私は何を知っているか?
●「Whom I know」:ネットワーク、私は誰を知っているか?

に向き合い、自分が何者であり(資質・能力・特徴)、何を知り(経済、教育、専門性)、誰を知っているか(社会的ネットワーク、コネクション)を認識します。


組織開発

社内ビジョンの明確化
課題発掘
チームビルディング
組織活性化

個人の思いを見える化することで、理論・理屈の思考から「個の内なる想い」を尊重して共有し、ゴールを共創します

​ビジョン共有・ブランドの再設計

ボトムアップのビジョンづくり、理念の明確化・共有化します

ブロックでカタチをつくることで、自分の想いへと深化させすることで、ビジョンの浸透させ、自分ごととして行動変容します。

​目標設定

3年から5年の中長期の目標設定とアクションを明確化

多くの場合、お客様は漠然と必要だと考えているアイデアを持って株式会社できるにご相談されます。こちらのプロジェクトもそうでした。私たちは専門知識をフルに活用して問題に取り組み、こちらの会社の成長と発展を支援しました。現在、こちらの会社の業績はとても好調です。こうした状況の一翼を担うことができ大変光栄です。

SDGs

新たな章へ

多くのお客様は成功に必要なものをすでにお持ちです。適切な人材とサポートさえあれば、戦略的な飛躍を遂げることができるのです。私たちは数ヶ月間にわたってこちらのプロジェクトに取り組み、一貫性と透明度の高いコミュニケーションにより、事業を大きく伸ばすことに成功いたしました。

 

ご期待に必ずお応えいたします

​​〜企業導入事例〜

「つくるxきづくxつながるx行動する」
「創る」と「対話」と「共感」で組織を活性化する
組織開発、人材育成、採用、SDGs、未来ビジョン、戦略、コーチング、学校教育など他
レゴ®シリアスプレイ®メソッドと教材を活用したワークショップの企業導入事例をご紹介いたします。

 

大手薬局チェーン店 企画室

安心・安全で前向きな議論を促す

毎回、会議での議論が感情的に荒れるのでなんとかしてほしいというリクエストをいただきました。1泊2日での次年度の店舗出店計画の戦略会議の初日午前中に3時間のワークショックを実施。参加者の会議での目的の共有、会議での自分の役割をブロック表現して共有モデルを作成。メンバーのゴールと役割の共有モデルを会議室に展示しながら会議を実施。後日担当者から、非常に和やかで活発で前向きな会議になったとご連絡がありました。

​楽しい・飽きない・面白い でも、深い!

2015-04-05 11.41.50.jpg
DSC_0535.jpg
DSC_0415.jpg
2017-11-27 15.52.07.jpg
2016-01-29 15.03.25.jpg
matsuura.jpg
J.jpg
isshinokai.JPG
yamato.jpg
nomura.jpg
seiryo.jpg
matsuurakikai.jpg
aoki.jpg
2019-02-06 17.58.46.png
2016-05-05 14.19.13.jpg
44683117_2463145577059716_62897559531599
 

ご相談から企業研修までの手順

お気軽にお問合せください

STEP1

ご相談・体験デモの
お申し込み

お問合わせフォームよりお申込ください。
ご不明点、ご質問なども受け付けております。

STEP2

ヒアリング・体験デモの実施

組織・会社でのどんな課題・お悩みがあるのか?
レゴ®シリアスプレイ®メソッドを活用した研修に期待することは何か?
ワークショップ・プランのすり合わせ、予算などもお聞かせください。

STEP3

ご提案・お見積

参加人数や時間を考慮して、御社にあわせて完全オーダーメイドでワークショップをデザインします。
※必要に応じて、トライアルワークショップ(有料)実施します。

STEP4

最終お打ち合わせ

ワークショププランの確定
会場、備品、準備する項目などの最終確認をします。

STEP5

研修・ワークショップの実施

当日は、LSP認定ファシリテーターが安心・安全が場を創り進行していきます。参加者が全員参加をして、自分に向き合い、モデルを共有して、それぞれの新しい気づきを手に入れます。

ここをクリックして、あなたの会社の組織活性化のための相談をいますぐする!

 

レゴ®シリアスプレイ®メソッドを
活用した研修参加者の声

ここをクリックして、あなたの会社の組織活性化のための相談をいますぐする!

 

自分の思考のクセの良いところも、悪いところも含めてわかりました。他の人は自分が想像つかない世界を見ているんだということに気づけました。人それぞれ個性があって、それを尊重する大切さとコミュニケーションの取り方について学ぶことができました。

DSC_0475_edited.jpg

組織の人間関係の質が変わると
組織が強くなる
売上が上がる

組織におけるコニュニケーションを人間にからだに例えると 血管と血流と表現できます


人のからだの血流が滞ると・・・・ いろんな反応がでますね。
中高年の僕らはにとっては 肩こり、冷え性、高血圧、動脈硬化、高脂血症・・・ など身近すぎです(^^;)  


人と組織も同じです。
社内のコニュニケーションが滞ると 不信感、不安、自己防衛、他者責任、クレームなど 様々な問題が発生します。


やはり、良い血流の社内コミュニケーションを流すことが、組織にとってもっとも重要だと思っています。 杉本は、良いコニュニケーションおこなうための最強のツールはレゴ®シリアスプレイ®メッソドを活用した 「対話」と「聞く力」です。


お互いに相手の本音を聞きあえる力を持つと コニュニケーションが円滑にいきます。     

レゴ®シリアスプレイ®メソッドを通して「対話」と「聞く」にこだわることで、 自分の潜在意識に気づきます。自分の価値観の思考のクセに気づきます。そして自分意外の人や組織のさまざまな価値観や考え方をポジティブに受け取ることができるようになります。
 

レゴ®シリアスプレイ®メソッドを活用した研修では、ブロックで自分の思いを「つくる」「話す」仲間と「共有する」することで、それぞれの思いを組み入れたビジョンを創り行動をうながします。


レゴ®シリアスプレイ®メソッドは、新卒採用、内定者研修、新入社員研修、個人のキャリア開発、リーダー研修、チームビルディング、ビジョン・目標設定研修、問題解決など様々な分野で、あなたの会社を活性化することができます。

 

SDGs導入支援・研修・ワークショップなど
SDGsでお困りごとございましたらお気軽にお問い合わせください。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LinkedIn
 
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LinkedIn

©2020 by SDGs支援|レゴ®シリアスプレイ®|株式会社できる

aoki.jpg